あの日視たなにか②

 

前回からだいぶ経ってしまいましたが…

夏も終わっちゃったけど…

続きを描いていきたいと思います!(笑)

 

前回のお話はこちら↓↓↓

あの日視たなにか①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいんですけど…

映像が頭の中に流れ込んできたというか…

逃げている男の1人の目線で視えていたというか…

今でも鮮明に覚えているんです。(描写が上手く描けないのですが…(^^;;)

 

凄くボロボロになりながら逃げていたんです。

それは必死に。

 

そして背後から十数人の殺気だった男の人たちがものすごい勢いで追いかけてきた。

振り上げていたのはクワや鎌などだったので、農民なのかな…?

とにかく怖かった。

人の殺気を肌で感じることなんてないので…。

そして映像はこの一コマで真っ暗になりました。

 

続く。

 

 

14+

Advertisement

 





同じカテゴリの記事